平岡産業について

東京都下、多摩川を抱きかかえるように発展した自然豊かな青梅の地を中心に、近世綿織物の生産が盛んとなり、“青梅縞” “青梅夜具地”と呼ばれるブランドとして全国的に有名となりました。

甲州裏街道の宿場町としても栄えた当時、買継商と呼ばれる卸業者の手で綿織物は日本各地に送り出されたのです。当社も「平岡織物」として1907年創業、図柄を型紙に起こし捺染後織り上げてゆく、夜具地の生産工場として多くの賞に輝く独自の綿織物を出荷していました。

その後の繊維工業の構造不況により、社名を「平岡産業株式会社」と改め、精密製図器械の製造を足がかりに、1970年代には精密部品の製造へと転換を図ります。カーステレオ・オーディオ機器用シャフトなどの生産へと事業を発展、地道ながら着実に技術の積み上げを重ねて今日の礎を築いて来ました。

創業者 平岡静三郎

青梅夜具地

会社概要

会社名 平岡産業株式会社
事業内容 海外子会社への業務支援、指導およびそれに付帯または関連する事業
取り扱い品目 自動車エンジン部品、コモンレールインジェクター部品、二輪キャブレター部品、オーディオ用シャフト・スクリュー、家電、玩具、釣具部品
住所

東京都青梅市上町367番地 1980081
GPS coordinates: 35.790659, 139.253735

電話 +81 428 24 5606
FAX +81 428 24 2071
E-mail hiraoka.m@hiraokasangyo.co.jp
URL www.eh.co.th/corporate/hiraoka.html
代表者 社長: 平岡泰浩
創業 1907年9月
資本金 3,000万円
売上 67億0680万円(2017年 連結売上)
従業員数 22名(うち海外子会社への出向19名。2018年1月現在)
主要金融機関 みずほ銀行
りそな銀行
グループ会社

E&H Precision (Thailand) Co., Ltd.(タイ・チョンブリ県
E&H Precision India Private Limited.(インド・ラジャスタン州
E&H Precision de Mexico, S.A. de C.V.(メキシコ・アグアスカリエンテス州)

沿革

1907年 平岡織物の設立
1960年 平岡織物を法人化
1972年 平岡産業株式会社へ社名変更
1995年 E&Hタイを設立
1996年

E&Hタイが生産開始
タイ国東部チョンブリ県アマタナコン工業団地にヱトー株式会社と合弁で“E&H Precision(Thailand)Co.,Ltd.”を設立、タイを拠点に精密部品の製造へ新たな発展の歩を進めます。

2003年 E&Hタイが現在の場所へ移転
2009年

平岡産業での生産を停止
世界をとりまく環境の変化を視野に、生産をタイ子会社“E&H Precision(Thailand)Co.,Ltd.”に集約、より一層の競争力向上を目指して来ました。

2010年

E&Hタイ(第2工場)の生産開始

E&Hインド設立
経済発展の著しいインドに”E&H Precision India Private Limited“(ニューデリー近郊 ニムラナ工業団地)を、日系金属部品切削加工メーカーとして先陣を切り工場を設立。
東南アジアのグローバル化に伴い、タイ工場と共に自動車・二輪・電機など幅広い業種向けの生産拠点として、またコスト・品質・デリバリー・サービス等の総合的なお客様への貢献出来る会社を目標とし、生産を開始しています。

2012年 E&Hインドの生産開始
2015年 E&Hメキシコ設立
2018年

本社 新社屋竣工